4代目で始めての男の子うさちゃんとの日常


by usamomoryou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

へんな鼻息

綾ちゃんが横になって寛いでいました。心臓が強く早い。気になって添い寝をしながら撫でていると、「プカー、プカー」と言う音が聞えてきて、綾ちゃんの呼吸も荒い。「綾ちゃんお鼻がつまって息苦しいの?お母さんがお鼻の穴を広げてあげるね」と軽く鼻の穴が広がるように指で広げてあげました。少しでも空気が吸い易い様にと思って。
綾ちゃんは嫌がる様子もなく、伸びた上体でいました。
音を聞いていると、音の間隔が長い。普通、鼻からの音だったら呼吸にあわせてしますよね。変だな?と上半身をおこすと、音が違う方向から聞えてくるよう。
綾ちゃんの鼻元に耳を近づけても聞えない。起きて音を確認すると綾ちゃんの後2mぐらい離れた所でうたた寝をしていた桃パパの寝息だったんです。
少し風邪気味と言っていたので鼻が詰まって変な音がしているよう。
横になって寝ていたので片耳が塞がっていて、綾ちゃんだと思い込んでました。
綾ちゃん災難、私の早合点で鼻の穴を広げられてしまって、迷惑だっただろうな。
「綾ちゃん、ごめんね。お母さん間違えちゃった」その後、なで撫でをしていると徐々に呼吸も早い心拍も落ち着いていつもと変わらない状態に戻ってました。
心配しすぎで、早合点しちゃいました。(;^_^A
[PR]
by usamomoryou | 2011-08-18 14:11